顧問弁護士 藤田祥行氏

藤田祥行

一般の方は、なかなか契約書をじっくり見たりはしないですが、最終的に契約書にサインをする前はどんなに急がれても契約書をじっくり読んでサインをされることをおすすめします。

福岡中央法律事務所 顧問弁護士 藤田祥行

不動産福岡でどのような仕事をしていますか?

藤田氏:主に法律関係の仕事です。契約書のチェックであったりとか、取引先と法的問題があった場合に、「どのような形で解決すればいいのか?」というようなアドバイスをしています。

法律関係の仕事でどんな内容の案件がありましたか?

藤田氏:先日は、売主で土地を持っておられる方が他の不動産屋の方とトラブルになり、そのことを不動産福岡に相談され、私に法律的な相談がありました。不動産福岡側としての直接的な事案ではなかったのですが、地主の方が困っておられるとのことで解決案を模索しました。結果的に私の方で直接動くことはなかったのですが、アドバイス通りに地主様が動かれ良い方向に向かいました。

なぜ不動産福岡を顧問として応援してくれているんですか?

藤田氏:やっぱり、代表である阿久津社長が語られる「会社の理念」というものに非常に感銘を受けまして、「いいものをお客様に提供していこう」という姿勢を、「できれば法的にサポートしたい」と思って顧問をさせていただいています。

藤田祥行

私たちの会社を見た時の第一印象はどんな感じでしたか?

藤田氏:会社に行かせていただいた時に何か皆さん和気あいあいとされていて、「活気のある会社だな」と感じました。社長を中心に社員が一丸になっている感じです。何て言うんでしょうか、若さがあって勢いのある会社だなと思いました。そういう「前向きさ」というのを、お客様にもちゃんと伝わっておりいいことだなと思っています。

弊社代表の阿久津のイメージを教えてください。

藤田氏:普通に考えると出来ないようなことを「やってのける」というのが阿久津社長の凄いところです。会社を率いていく人間として、私もいろいろな経営者を見ていますけれども、経営者として必要な資質を持っている人だなと思います。

不動産福岡は他の不動産会社に比べてどこがすごいですか?

藤田氏:社名ですね。やっぱり「名は体を表す」と言いますけど、何か不動産を見つけたいという時に、そのようなわかりやすい名前があると第一歩から安心感を与えられます。以前、「不動産福岡」は社名が「メガジャパン」っていう社名でしたが、その社名変更の時も代表から相談を受けました。もちろん法的に色々な問題点があったので、それについてクリアできるかということについては法的観点から解決策を示しました。社名を変えることについては、先ほども言った通り非常にいい名前。今の名前がいい名前ですし、前の会社だとやはり、「何の会社かな」というのは一目でわからないところがありますので、変えるということが十分可能だということで「進めていったらいいんだ」という話をさせていただきました。

藤田祥行

逆に不動産福岡は他の不動産会社に比べてどこが足りないですか?

藤田氏:社歴がまだ9年とそれほど長くないということで、取り扱いしている物件数自体も大手に比べると小さい物件が多いように感じます。ただこれも億(1億円)を超えるような物件を扱う方には物足りないかもしれませんが、小規模な不動産を売買される方にとっては好都合かと思います。不動産福岡は一般的な一戸建ての土地などを売買をされる方にとっては、痒いところに手が届く不動産屋としていいんじゃないでしょうか。

不動産福岡の取引業者さんへ、顧問からメッセージをお願いします。

藤田氏:主に私が不動産福岡の法的な関係を扱っています。不動産福岡と取引される方は私が十分に法的関係は見てトラブルがないように努めていますので、そのあたりは十分に安心していただいて取引していただければと思っています。特に取引を開始する時には、相手方に失礼に当たるかもしれないことであっても、十分に話を聞くというのが重要だとアドバイスしています。最初の段階であまりにも曖昧だとトラブルが起こる原因になってしまいますので、取引をされる場合は、不明な点や取引の条件でわからないこと等があれば、十分に不動産福岡に聞いていただき、その上で適切な判断をしていただければいいなと思っています。

不動産取引をこれからされる方へ、弁護士としてアドバイスを下さい。

藤田氏:不動産を売却する時も購入する時もできるだけ多くの不動産会社を見て、多くの業者と話をして、その中で信頼できる不動産会社を見つけることが大事なことだと思います。それから契約の時です。一般の方はなかなか契約書をじっくり見たりしないですが、最終的に契約書にサインをする前に、どんなに急かされても契約書をじっくり読んでサインされることをおすすめします。

不動産福岡のコンプライアンスへの対応はどうでしょうか。

藤田氏:以前、私自身が経営学の大学院で研究のために、不動産福岡のコンプライアンスについて調査したことがありました。「お客様の苦情にどのように対応するか」ということについてコンプライアンスを含めて研究しました。不動産福岡くらいの規模の中小企業ですとなかなかコンプライアンスについて気が回る会社はありませんが、不動産福岡は非常にコンプライアンスについても積極的に考えていこうという姿勢がありました。お客様の苦情というのはやはりトラブルの元になりますので、「苦情というものを社内に積極的に取り入れて、どうやって正しい道筋で解決していくのか」ということを会社内で整理していただくように一緒になって取り組んでおります。

藤田祥行